Wikiの旅行ガイドがガイドブックより優れている5つの理由


ガイドブック。 それらが好きですか、それとも嫌いですか?

一部の旅行者は1人で死ぬことはありませんが、これらの小さなペーパーバックが提供する快適さと安全を楽しむ人もいます。

インターネットでこれらのガイドに相当するものはしばらく前から出回っていますが、フィールドに新しいプレーヤーが登場しました: ウィキ旅行ガイド。

これらのガイドは、ヨーロッパのあらゆることの専門家であっても、ロシアでのハイキングについて少しだけ知っていても、だれでも作成できます。ガイドブックの主権を打倒する可能性があるのは、誰もが自由にできることです。

「しかし、」とあなたは言う、「アマチュアのパックの意見を信頼する人は何人いるのだろう?」トリップアドバイザーの人気から判断すると、滞在したホテルをレビューできるサイトはかなりの数に上ります。

英国の旅行者を対象とした最近の調査によると、トリップアドバイザーのようなサイトのレビューを信頼する旅行者は、専門的に書かれたガイドを含む他のどのオンラインリソースよりも多くなっています。

あなたはあなたのガイドブックを捨てるべきですか?ユーザー作成の目的地ガイドに切り替える必要がある5つの理由を次に示します。

1.より多くの作家はバランスの取れた意見を意味します

私たち人間は主観的な生き物です。アンチョビをトッピングしたピザが好きな人もいます。他の人はその考えにうっとりします。私たちが旅行する場所についての私たちの見方も、休暇中に探しているものの種類によって大きく異なります。

複数の人に1つの記事を共同編集する機会を提供することで、ユーザー作成ガイドは、1人の専門家が作成したガイドブックよりもバランスをとることができます。 Wikiの旅行ガイドは、2セント相当の旅行知識を提供したいと考えているすべての人の見解をまとめたものです。

2.編集可能な情報は現在の情報です

ガイドブックのアドバイスを忠実に守ることの欠点の1つは、何千人もの人々が同じことをしている可能性が高いことです。つまり、ガイドブックに書かれている静かで美しいビーチは、最近は静かではありません。

これは地元のビジネスには最適ですが、群衆から逃げようとする旅行者には不向きです。

ユーザー作成ガイドの利点は、いつでも情報を更新できるため、情報は常に最新の状態に保たれることです。これは、ガイドブックにはない贅沢です。

3.旅行者がアドバイスを共有するためのアウトレット

海外旅行から戻って、タイのビーチの素晴らしさを誰も気にしていないことを発見したことがありますか?彼らは興味をそそるかもしれません。しかし、彼ら自身がタイへの旅行を計画し始めるまで、おそらくそれほど気にしないでしょう。

オンラインガイドは、知恵の真珠を鑑賞者と共有するための手段を提供します。

4.完全な情報パッケージ

ウィキの旅行ガイドには批評家がいるわけではありません。 Slate Magazineの記事は最近、ウェブで最もよく知られているユーザーが編集した旅行ガイドであるWikitravelに宿泊施設のリストがないことを訴えました。

それは本当だ。ウィキトラベルでは、一泊するべき場所についてのきちんとしたアドバイスを見つけるのに苦労するでしょう。しかし、wikiで生成されたガイドの概念を取り入れ、サービスの一部として組み込んでいる他の旅行サイトもあります。

たとえば、Travellerspointは、会員向けの編集可能な旅行ガイドを、旅行者向けの既存の機能の範囲に追加しました。 (完全な開示:私はトラベラーズポイントで働いています)。

トラベラーズポイントの目的地ガイドを使用して旅行を研究する人は誰でも簡単に宿泊予約エリアに行き、高級リゾートやホテルから安い予算のオプションまですべてを見つけることができます。

訪問中は、フォトギャラリーやメンバーのブログを閲覧したり、フォーラムでアドバイスを得たりすることもできます。これらすべてが、旅行者に完成に近いパッケージを提供します。

5.無制限の成長

ほとんどのWiki旅行ガイドの最後のステップはコンテンツの構築です。言うまでもなく、ユーザーが作成したガイドはユーザーが作成する必要があります。しかし、インターネットの美しさは、無限のスペースです。

構築には時間がかかりますが、十分な数のユーザーが貢献することで、wiki旅行ガイドは知識の膨大なリポジトリになる可能性があります。

ユーザーが作成したWebサイトの2つの優れた例であるウィキペディアとトリップアドバイザーが、世界中の人々から寄せられた何百万もの貢献に裏打ちされた方法を考えてみましょう。

ウィキの旅行ガイドが彼らの足跡をたどるまで、それは時間の問題です。

エリック・ダームス オランダ、ミクロネシア、ソロモン諸島に住んでいますが、最近ではオーストラリアを故郷と呼んでいます。彼はTravellerspointの編集者であり、スパマーを探し出し、人々の旅行の冒険について読んだり、Travellerspointブログの執筆を楽しんだりしています。


ビデオを見る: 1月31日開通台北の新黄色MRT環状線に乗ってみたPOPで可愛い駅と電車ノープランで電車旅したら新北市中正紀念堂にたどり着いた


前の記事

翻訳で失われた日本のベビーシャワー

次の記事

滝に流されてヨセミテハイカー3人が死亡