ツアー中のギターヒーロー:数十年にわたるロックアウト


の物語 ギターヒーローは、過去数十年のロックスターの台頭を反映しています。

2005年に最初にプレイステーションにヒットした後、ゲームはあらゆる場所のパーティーで定番になりました。ギターヒーローのフランチャイズは文化的な現象になり、現代の音楽業界に革命を起こしたとされています。

ウィキペディアによると、このシリーズは2300万ユニットを販売し、現在までに16億ドルを稼いでいます。

ゲームの成功は、そのシンプルさに起因しています。一方では、プラスチックギターをさまざまなクラシックロックソングや新しいロックソングにかき鳴らします。他方では、実際にロックスターではなくてもロックスターのように感じることができます。

昨年、Guitar Hero:On TourがニンテンドーDSに登場しました。天才的な別のストロークでは、ハンドヘルドコンソールに周辺機器のボタンを取り付け、プラスチック製のピックを使用して画面をロックソングの新しい厩舎にストロークします。

シリーズの最新作は、前作の成功を後押しするGuitar Hero Decadesです。私が独り立ちした後、これが私のレビューです。

いいもの

どこでもロッキングアウト –巨大なプラスチックギターを持ち歩く必要なく、バス、飛行機、トゥクトゥクなど、座席をつかむ場所ならどこでもこのギターヒーローを演奏できます。

クラシックの復活 –このバージョンは、ブロンディ、クイーン、ジャーニー、ボンジョヴィなどの古いロックソングを対象としています。唯一欠けているのは、グラムロックの髪(含まれていない)です。

ハイパーインタラクティブ – Guitar Heroの以前の記事では、細断するときにギターを持ち上げて「スターパワーをアクティブにします」。 数十年 実際に内蔵マイクに向かって叫ぶことで、ニンテンドーDSを最大限に活用します。

私の選択肢には、「ロックアウト!」、「これをやろう!」、または一般的な「Whoooooo!」だけが含まれます。 (公共の場所にいるプレイヤーは、代わりにマイクに息を吹き込むこともできます)。

バトルモード –私はこのモードが安っぽいものであると予想し、後付けのボーナスとして追加されました。しかし 数十年 バトルモードは本当に楽しいです。コンピューターや友達に挑戦して、レンチを道に落とすアイテムでお互いを攻撃しながら、誰が最も激しく揺れるかを見てみましょう。

私のお気に入りには、「ファンオートグラフ」、「ハイパースピード」、「アンプオーバーロード」などがあります。

悪い人

手首の苦痛 –回避策はありません。手首が鋼鉄製でない限り、ギターヒーローのプレイ中にニンテンドーDSを握るのは面倒で、10〜15分後に不快になる可能性があります。メーカーは、表面に手を傾けるか、適切に手を傾けるか、単に頻繁に休憩を取ることを推奨しています。

総合成績B +

旅行をより速くする(そして、もっと難しくする)素晴らしいゲーム。


ビデオを見る: IRONBUNNY Starting Movie


前の記事

一流を除くすべてのトップ新聞の発行部数

次の記事

500の単語で私の故郷:オークランド、カリフォルニア