一人称派遣:ニジェールで平和部隊のボランティアになる



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

写真:etrenard

ニジェールの平和部隊のボランティアは、割り当てから数週間で学んだ教訓を振り返っています。

[編集者注: マタドールナイトの共同編集者であるケイトセジウィックは、最初に平和部隊のメンバーであるモニカヤンシーのブログでこのディスパッチを読みました。ここで抜粋を転載する許可を彼女に要求するためにヤンシーに連絡しました.]

私の世界観 すでに完全に変更されています…。

ニジェールの国を体験することは、6週間でさえ、...素晴らしいレッスンでしたが、何かについてのレッスンでした...私は恐れています:貧困。貧困は現実であり、大丈夫ではありません。

赤ちゃんが死ぬことを望んでいる母親はいません。女性(または若い女性)が瘻孔を発症することを望んでいない。誰もエイズを持ちたくない。複数の家族をマラリアで亡くしたくはありません。家族を養うことができないと感じたがる人はいません。生まれた場所が原因で、人生が20年短くなることはありません。そして、妊娠している私が知っている女性から、コンセンサスがあります:女性は成人生活の大部分の間妊娠することを望んでいません。

ニジェールは「1日1ドル未満で生活する人々」の国であり、生活の質に関して多くの影響を与えます。

しかし、それは逆説的です。

ニジェールは、ナイジェリア平和部隊のために人々を米国に送るべきです。ニジェールは私たちを必要としているだけでなく、ニジェールも必要です。ここには、私たちが知っているほうがよいアイデアや生活様式があります。家族構成はほとんど損なわれておらず、田舎の生活は難しい(間違いなく)ですが、コミュニティはしっかりと存在しています。どこかに教えに行って、代わりに自分自身を非常に深く生徒に見せるのは皮肉なことだと思います。

ここでの生活はとても異なります。いくつかの点でそれは1000倍困難ですが、他の点ではより簡単です。このブログを読んでいる皆さんは言うまでもなく、私が見たことを自分で説明することはできないでしょう。このパラドックスは、すべてが正常であることを意味するものではありません。すべてがうまくいっていません。

しかし、同情は答えではありません。恐怖は答えではありません。 1日1ドルのレンズを通して物事を見るだけでは、答えにはなりません。毎年の国連の貧しい国の競争は答えではありません。それよりももっと複雑です…。

貧困についての議論は、「しかし、彼らは幸福である」という議論のいくつかのバリエーションで終わる(または始まる)ことがよくあります。 「人々が貧困の中で生活しているのは残念ですが、彼らは幸せなので、少なくともそれはあります。」ニジェールに笑顔と笑いが存在するのは事実です(ありがたいことに)。

しかし、「しかし、彼らは幸せです」という見方は、貧困に関連する議論の最終的な議論としてではなく、人間として本当に私たちを本当に幸せにするものについての議論にあるほうがよいでしょう。

私たちは個人的な経験から、物質の過剰は幸福と同じではないことを知っています。また、人間の精神は、最も困難な状況でも喜びを見つけることができることも知っています。人間の精神の回復力は、人間の苦しみへの受動的なアプローチを義務付けていません。

だから答えは何ですか?確かにわかりませんし、確かにありません(確かに)が、ニジェールには感謝の気持ちがあり、そこから多くのことを学ぶことができたと思います…。

コミュニティ接続:

平和部隊やその他の海外ボランティア体験についての詳細は、ボランティアフォーカスページをご覧ください。


ビデオを見る: 多国間共同PKO訓練の開会式 自衛隊米軍など27ヶ国が参加 - Peacekeeping Exercises Opening Ceremony


前の記事

サンラファエルスウェルに関するメモ

次の記事

プラカシュのカルマ