結びつき:路上でつながるためにアルコールは必要ですか?


確かに、ビールを2杯飲めば、そのかわいいブラジル人まで簡単に行くことができます。しかし、ボトルが関与しないと、本当に深いつながりを作ることができないのでしょうか?

飲酒傾向 多くの旅行者の旅程の大部分を占めること。

「旅程」自体ではないかもしれませんが、地元のパブや外国人バーをチェックアウトすることは、通常、旅行体験に役立ちます。

時々、飲酒は完全に遠すぎて、旅行や友情を台無しにします。また、不快なホステルのベッドから出て行くことを考えたくなるような、二日酔いの二日酔いが原因で、見逃したハイキングや日帰り旅行が多すぎる場合もあります。

そこで、ここでは、アルコールを飲まないとうつ病になる可能性が高いことを知らせる新しい研究を行います。どうやら、大酒飲みよりもさらにそうです。じゃあ。

そして、それはうつ病だけではありません。また、不安障害です。

彼らが「なぜ」を打破しようとするとき、アルコールを完全に控えるほとんどの人は慢性疲労のようないくつかの極端な病気を持っているか、元アルコール依存症であり、どちらも「憂鬱」になりがちです。

これに「最も強力な説明」が追加されました。

…組織化された社会活動に参加する傾向が高いにもかかわらず、棄権者は酒飲みより親しい友人が少ないようです。棄権者は強い友情の絆を築くのに苦労しているようです。おそらく彼らは社会的相互作用を滑らかにするアルコールを持っていないためです。

はい、アルコールは潤滑剤です。旅行中、これは、特に誰も知らない新しい状況に移動する場合に特に役立ちます(特に一人で旅行する場合)。しかし、本当に、棄権者は強い友情の絆を作るのに苦労していますか?小さなテキーラ(またはウォッカ、または赤ワイン…)なしでは、私たちがつながることを信頼できないことは明らかです。

これは何よりも自己受容と自己決定の問題なのでしょうか。言うまでもありませんが、自分で飲酒をすることはありません…

旅行中にアルコールは必要な社会的潤滑剤だと思いますか?以下にあなたの考えを共有してください。


ビデオを見る: 祝コラボチェリスト新倉瞳が奏でる上を向いて歩こう


前の記事

一流を除くすべてのトップ新聞の発行部数

次の記事

500の単語で私の故郷:オークランド、カリフォルニア